服飾の専門学校を利用しよう【基礎が学べる】

被服関係のお仕事につく

デザイン

服好きな人必見

ファッションが好きでそれを身にまとうだけでなく、自分で作りたい、または自分以外の誰かのためにコーディネイトをしてみたい、という人は多いでしょう。洋服や靴、バッグ等の服飾品をデザインするファッションデザイナー、デザイナーが描いたデザイン画を忠実に立体化していくパタンナー、製品化された服飾品を自らの感性や今の流行に合わせてコーディネイトしていくスタイリスト等が、ファッションを生み出していく代表的なお仕事です。このようなファッションを生み出す仕事は特別な資格が必要とされていませんが、ファッションに関する知識や仕事上必要なスキルがなくては実際に採用されることは難しいでしょう。そこでこれらを目指す多くの人は、服飾系専門学校で知識とスキルを学んでいます。服飾系専門学校は、ファッションデザイナー科やスタイリスト科等、目指す職業に合ったカリキュラムが学べます。服飾系専門学校の大きな特徴は、目指す職業やレベルによって在学年数が異なることです。たとえばファッションに関する高度な知識と技術を持つ高度専門士となるための4年制、基礎と専門分野を学ぶ2〜3年制、基礎のみを学ぶ1年制と、選択できるコースが多彩です。また、仕事を持つ社会人のために夜間コースを設定している専門学校もあり、自分に合った学び方ができます。なお、高度専門士を目指す4年制は大卒者と同等の資格が得られ、被服系の大学院への進学が可能となるという特徴があるのです。服飾系専門学校の卒業者のうち、デザイナーやパタンナー志望の人の多くはアパレルメーカーに、スタイリスト志望の人の多くはスタイリスト事務所やサロン等に就職しています。就職後下積みから修行してスキルを磨き、トップデザイナーやフリーのスタイリストを目指していくのです。

Copyright© 2018 服飾の専門学校を利用しよう【基礎が学べる】 All Rights Reserved.